特集「炭素材料への期待と取り組み」原稿募集

「炭素」編集委員会
委員長

 「炭素」300号記念誌発行 にあたり、炭素材料業界あるいは炭素材料のユーザーの方々から、各社での炭素材料の取り組みと今後の期待提言に関する記事を募集致します。
 炭素材料学会は学術団体ではありますが、産業界との交流なくして学会の発展は考えられません。今回300号記念誌発刊にあたり、製品の紹介を交えて炭素材料製品の歩みや今後の発展について期待、提言、 または大学や研究機関の研究者とは違った立場から、学会への希望等率直なご意見を頂き、今以上に産業界の発展に寄与できる開かれた学会にしていきたいと考えます。
 どうか「炭素材料の取り組みと期待」に皆さんの忌憚のないご意見をお聞かせください。

対象者:
炭素材料のユーザー,メーカー等の炭素材料関係者
原稿締め切り:
2021年8月30日
原稿の内容:
貴社製品の変遷,開発秘話,炭素材料への期待,学会への提言等
貴社製品の紹介・製品の写真
お名前,御所属,ご住所,貴社ホームページアドレス
字数:
文章+製品の写真で1社1頁
1頁の字数は約2200字ですので目安として以下の様にご判断ください。
例1. 文章半頁+写真半頁:文章字数1100字以下
例2. 文章2/3頁+写真1/3頁:文章字数1460字以下
文章については,テキスト形式またはワード形式で作成ください。
写真:
写真については原則カラーにてJPEG形式でご用意ください。
大きさは特に指定しませんが,印刷が鮮明になるような解像度でご用意ください。
費用:
1頁に上質紙を使用しカラー写真を掲載するため,大変申し訳ありませんが掲載費用実費として4万円を請求させていただきます。
参考:
200号記念誌での特集「産業界からの期待」の様子について,下記アドレスより一部をご確認頂けます。寄稿の際のご参考にしてください。
http://www.tanso.org/contents/journal/img/jp_carbon.jpg
http://www.tanso.org/contents/journal/img/toukai_carbon.jpg
原稿の送付先:
Microsoft Wordで原稿ファイルを作成いただき,炭素材料学会編集事務局 (tanso-edit@bunken.co.jp)までメールにてご送付ください。
問い合わせ先:
炭素材料学会編集事務局(tanso-edit@bunken.co.jp)