セミナー

第52回炭素材料夏季セミナー

第52回の炭素材料夏季セミナーを仙台市・秋保温泉で開催いたします。炭素材料分野の研究開発をリードされているトップレベルの研究者による講演会のほか、企業の研究と会社紹介、および学生によるポスター発表を企画しています。特に今年は、優秀な研究発表を行った学生に授与されるポスター賞を新設しております。
今年の夏季セミナーは、創業約400年、天然露天風呂の楽しめる宮城県の温泉旅館で行われます。参加者にとっては、普段の職場や研究室から一歩外へ出て、炭素材料の研究に携わる様々な研究者および学生と、大学・企業の垣根を越えて交流を深め、たっぷりと研究ディスカッションを行う絶好の機会です。さらに学生の方々にとっては、企業の方のお話を直接聞くことのできる貴重な場となります。学生、若手、ベテランまたは産学官の別を問わず、多数の皆様のご参加を歓迎申し上げます。

  • 主 催:
  • 炭素材料学会 炭素材料夏季セミナー実行委員会
  • 共 催:
  • ナノマクロ物質・デバイス・システム創製アライアンスプロジェクト
  • 協 賛:
  • (順不同)日本化学会、応用物理学会、電気化学会、日本吸着学会、化学工学会、日本セラミックス協会
  • 日 時:
  • 平成26年8月25日(月)午後〜8月26日(火)
  • 会 場:
  • 仙台 秋保温泉 岩沼屋コンペンションホール「白鳳」(〒982-0241宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師107)

    ■送迎バス運行スケジュール(※1)
    ・マイクロバス
     仙台駅東口 11:50発〜12:30着
    ・大型バス(大きな旅行カバンをお持ちの方はこのバスをご利用下さい)
     仙台駅東口 12:00発〜12:40着
    ・マイクロバス(片平発〜仙台駅経由・最終便)(※2) 
     東北大片平キャンパス 11:40発(※3)
     仙台駅東口 12:10発〜12:50着

     仙台駅東口のバス乗車場所はこちら

     受付の混雑が予想されます。できる限りお早目のバスにご乗車頂きますよう、 ご協力をお願い致します。(出発時間の早いバスから定員になり次第出発します

    ※1 送迎バスをご利用されない方は、事前に事務局までご連絡をお願い致します。
    ※2 この時間までに間に合わない方は、恐れ入りますが仙台駅西口発の路線バス をご利用下さい。
    ※3 東北大片平キャンパスのバス乗車場所は多元研東2号館(旧・反応研棟2号 館)前(予定)です。

    (路線バス)
    ・仙台駅西口バスプール8番乗り場、宮城交通「秋保温泉」行き(「秋保温泉湯元」下車後徒歩2分) 運賃800円 所要時間[普通]約60分[快速]約30分
    <時刻表>http://www.iwanumaya.co.jp/access/pdf/2014_miyagi_bus.pdf
    ・JR仙台駅西口・仙台西部ライナー「みちのく公園」行き(「佐勘前」下車後徒歩1分)
     運賃770円 所要時間 約30分
    <時刻表>http://www.takeyakoutu.jp/sendaiseiburaina.html
    ・ホテル岩沼屋の無料送迎バスもあります(前日15:00までに岩沼屋に予約必要あり)。
     http://www.iwanumaya.co.jp/access/
  • 定 員:
  • 60名
  • 内 容:
  • 研究講演会、企業による研究トピックスおよび会社紹介、学生によるポスター発表、懇親会
  • プログラム:
  • 8/25(月)
    11:50 仙台駅東口集合
    12:00前後 送迎バス・仙台駅出発(上記のバス運行スケジュールをご確認下さい)
    12:40 ホテル岩沼屋到着・受付
    13:00 開会
    13:05 【基調講演】
         「低環境負荷カーボン固体酸触媒」
         原 亨和 先生(東京工業大学 応用セラミックス研究所 教授)
    14:05 休憩(15分)
    14:20 【産学連携特別講演】
         「化学産業における産学連携と競争力強化」
         中壽賀 章 先生(積水化学工業株式会社 高機能プラスチックスカンパニー
         シニアフェロー)
    15:20 【若手招待講演】
         「電気化学キャパシタを目指したカーボンナノチューブ複合体電極の開発」
         長谷川 馨 先生(早稲田大学 ナノ理工学研究機構 助教)
    15:50 ホテルチェックイン&ポスター発表・企業セッション準備
    16:20 ポスター発表・企業セッション(90分)

         ポスター発表リストはこちら

    17:50 休憩(90分)
    19:20 懇親会・ポスター賞授賞式(120分)
    21:30 ポスター賞受賞者講演(予定)・自由討論会(〜23:30まで)

    8/26(火)
    9:15  【基調講演】
         「分子からのカーボンの魅力」
         金子 克美 先生(信州大学 ICCER:環境・エネルギー材料科学研究所 特別特任教授)
    10:15 休憩(15分)
    10:30 【基調講演】
         「炭素材料研究の醍醐味と面白さ」
         京谷 隆 先生(東北大学 多元物質科学研究所 教授)
    11:30 【若手招待講演】
         「黒鉛電極へのLi+挿入反応における電解液の重要性」
         山田 裕貴 先生(東京大学 大学院工学系研究科化学システム工学専攻 助教)
    12:00 昼食(80分)
    13:20 【若手招待講演】
         「黒鉛層間化合物の電気電子材料への応用を探る」
         松本 里香 先生(東京工芸大学 工学部基礎教育研究センター 准教授)
    13:50 【若手招待講演】
         「カーボン材料への酵素の固定化およびその応用」
         松井 雅義 先生(群馬大学 理工学研究院環境創生部門 助教)
    14:20 【ライジング・リサーチ・トーク】
         「高温処理炭素のエッジ面の分析とそれによる炭素構造の解析」
         石井 孝文 氏(東北大学 大学院工学系研究科応用化学専攻 博士後期課程3年)
    14:50 閉会
    15:10 バス出発(仙台駅15:45頃到着予定)
  • 参加費:
  • 炭素材料学会・協賛学会員・アライアンス附置研関係者(※)25,000円、学生15,000円、炭素材料学会賛助会員・協賛法人会員30,000円、非会員35,000円(宿泊費・食費込み)
    (※)北海道大学電子科学研究所、東北大学多元物質科学研究所、東京工業大学資源化学研究所、大阪大学産業科学研究所、九州大学先導物質化学研究所に所属する方も対象となります。
  • 参加申込方法:
  • [ 参加申込みの受付は終了しました ]
    <ポスター発表申し込みをされる学生の方へ>
  • ①申込システムよりタイトル・発表者情報をご登録ください。(受付終了しました)
    ②テキスト掲載用の要旨をご作成ください。
      テンプレートはこちら
    ③作成された要旨をPDF化し、アップロードしてください。
    [ 要旨の投稿はこちらから ]
    要旨提出締切日:平成26年7月22日(火)
    ポスターサイズはA0でご用意下さい。
  • 参加申込締切日:
  • 平成26年7月18日(金)
    ※4月発行の炭素誌262号掲載会告より1週間早まっておりますのでご注意ください。
  • その他:
  • クールビズ推奨の世情を鑑み、またリラックスした雰囲気のセミナーにしたいため、是非とも軽装での参加をお願いいたします。
企業セッション参加社名一覧(敬称略)
東洋炭素、東海カーボン、SECカーボン、日立化成、エア・ウォーター、大阪ガスケミカル、昭和電工、クレハ、新日鉄住金化学、日清紡、東レ、テックワン、JSR、日本ベル、JFEケミカル
■参加申込に関するお問合せはこちら
   炭素材料夏季セミナーヘルプデスク
   〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5
   アカデミーセンター
   E-mail:tanso-summer@bunken.co.jp
◎第52回炭素材料夏季セミナー実行委員会メンバー
実行委員長:干川康人
会計:糸井弘行
プログラム:久保史織
ポスター発表:大場友則
企業セッション:佐藤佳邦
アドバイザー:西原洋知, 斎藤幸恵, 白石壮志
石橋 歩, 飯山拓, 岩村振一郎, 大久保貴広, 加登裕也, 衣本太郎, 後藤和馬, 高木英行,
中薗智哉, 中村和正, 半沢洋子, 福塚友和, 藤森利彦, 松井雅義, 松本里香, 宮脇仁