セミナー

第11回スキルアップセミナー

「炭素材料の凝集と分散〜基礎から応用」

 炭素材料は新規な材料・特性の発見や開発を経て,多種・多様な工業的展開を遂げてきました。人造黒鉛、活性炭,カーボンブラック,炭素繊維、ナノカーボン等が幅広い産業分野で活用され、新たな分野での開発、実用化も活発に進められてきました。
 近年は、燃料電池やリチウムイオン電池,キャパシタなどのエネルギーデバイスキーマテリアルとして、炭素材料への重要性と期待が高まっています。
 本セミナーではこれら開発を進める上で重要な技術「凝集・分散」に焦点を当て、基礎理論から応用(電池、インク他)までを幅広く理解することを目的に、各分野でご活躍の先生方から講演いただきます。
 炭素材料を研究、開発されている方や各種用途への応用、展開を取り組んでおられる方々のご参加をお待ちしております。

  • 日時:
  • 平成27年9月4日(金曜日)10:00 〜 16:40
  • 場所:
  • 連合会館201号室 http://rengokaikan.jp/access/
  • 主催:
  • 炭素材料学会
  • 協賛:
  • 日本化学会,電気化学会,応用物理学会,日本セラミックス協会,日本表面科学会,日本吸着学会,大阪科学技術センター
  • 定員:
  • 80名
  • 参加費:
  • 正会員(協賛学協会含)・賛助会員 25,000 円, 学生会員(協賛学協会含) 5,000 円, 非会員 35,000円, 学生非会員 10,000 円(消費税及びテキスト代を含む)
  • プログラム:
    • 1.10:00〜10:50
    • 「炭素材料微粒子濃厚分散系の分散性および界面特性評価」
      武田コロイドテクノ・コンサルティング(株)  武田真一先生
    • 2.10:55〜11:45
    • 「カーボンブラックの製造と分散」
      東京大学 化学システム工学専攻 山口由紀夫先生
    • 3.13:00〜13:50
    • 「燃料電池電極性能向上における粒子分散操作の重要性」
      神戸大学 大学院工学研究科応用化学専攻 菰田悦之先生
    • 4.13:55〜14:45
    • 「燃料電池用部材とその解析方法の現状と課題
       〜触媒開発およびインク構造解析〜」
      燃料電池開発情報センター  吉武 優先生
    • 5.14:50〜15:40
    • 「濃厚溶液の分散状態〜測定装置・原理と測定例」
      スペクトリス株式会社マルバーン事業部 嶺岸先生
    • 6.15:45〜16:35
    • 「インクジェットプリンター市場と黒インクの技術動向(仮)」
      東海カーボン 開発戦略本部  金子 研先生
  • 申込方法:
  • 郵便振替での支払いを希望される方は、学会HPから8月20日(木)までにお申し込み下さい。
    クレジットカードでの決済の場合、申込登録は、9月1日(火)まで受付可能です。
    [お申込みはこちら]
    登録完了後、郵便振替票付請求書をお送りさせて頂きます。参加費は8月28日(金)までにご納入下さい(払込期日厳守)。
    当日の申込みも会場にて受け付けております。

    ■参加申込に関するお問い合わせはこちら
    炭素材料学会スキルアップセミナーヘルプデスク
    E-mail:tanso-desk@bunken.co.jp
    FAX:03-5227-8632

    連合会館(旧称:総評会館)へのアクセス http://rengokaikan.jp/access/index.html