セミナー

第6回スキルアップセミナー

「電池用炭素系電極の新展開」

〜活物質とカーボンコーティング〜

 携帯電話やパーソナルコンピュータなどモバイル機器には,リチウムイオン電池が使用され,ハイブリッド自動車や電気自動車(EV),家庭用などにも電池が普及しつつあります。
 本セミナーでは,今,電池のホットなテーマである電極のカーボンコーティングにスポットを当てました。絶縁体である活物質が次のEV用電池正極材料の本命ともいわれ,カーボンコーティング無しには活物質として働きません。講師の方々には,電池活物質の導電助剤としての炭素材料の重要性,これらの炭素材料の電子物性,実際のカーボンコーティングの構造,コーティング技術,コーティングされた実用材料について,講演していただきます。現在,電池材料を扱っておられる方,これから取り組もうとされる方など多くの方に役立つ企画となっておりますので,奮ってご参加下さい。

  • 日 時:
  • 2010年9月3日(金) 10:00〜16:00
  • 場 所:
  • 日本化学会館7Fホール
    (〒101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5 03-3292-6161)
  • 協賛(予定含):
  • 日本化学会,電池技術委員会,アドバンストバッテリー技術研究会
  • 定 員:
  • 120名
  • 参加費:
  • 正会員(協賛学協会含)25,000円,賛助会員25,000円,学生会員5,000円,
    非会員35,000円,学生非会員10,000円
  • プログラム:
    • 1.10:00-10:50 
    • 電池用アセチレンブラックの現状と課題
       (電気化学工業株式会社 化学品事業本部) 和田 徹也
    • 2.10:55-11:45
    • アモルファスカーボンの電子物性について
       (東京都市大学) 鏑木 裕
    • 3.13:10-14:00
    • 各種活物質材料へのカーボンコーティングとその電気化学特性
       (愛知工業大学) 大澤 善美
    • 4.14:10-15:00
    • LiFePO4にコーティングされたカーボンのTEMによるキャラクタリゼーション
       (産業技術総合研究所) 吉澤 徳子
    • 5.15:10-16:00
    • ナノSi炭素複合体負極材料(Si-SiOx-C)の構造と負極特性
       (株式会社東芝 研究開発センター 機能材料ラボラトリー) 森田 朋和
  • 申し込方法:
  • 郵便振替での支払を希望される方は、学会HPから8月18日(水)までにお申し込みください。クレジットカードでの決済の場合,申込登録は,8月27日(金)まで受付可能です。
    登録完了後,郵便振替票付請求書をお送りさせていただきます。参加費は8月25日(水)までにご納入ください(払込期日厳守)。当日の申込も会場にて受け付けております。

    ■参加申込に関するお問い合わせはこちら
    炭素材料学会スキルアップセミナーヘルプデスク
    E-mail:tanso-desk@bunken.co.jp FAX:03-3368-2869
    日本化学会館へのアクセスhttp://www.chemistry.or.jp/kaimu/office/map.html