セミナー

炭素材料学会1月セミナー

SDGsに貢献する炭素触媒科学の最前線

 活性炭やカーボンブラックをはじめとする炭素材料は、古くから金属触媒の担体として利用されてきました。現代においても炭素材料は医薬品合成やファインケミカル用途、あるいは燃料電池電極用触媒など各種産業において広く用いられており、今後も炭素の重要な用途の一つとして金属担持炭素触媒にはさらなる市場拡大が見込まれています。また近年では担体としての用途だけではなく、炭素自体が触媒として働く反応例も多く報告されてきています。カーボンアロイ触媒についての発展、グラフェン、ナノチューブなどのナノカーボン系材料の触媒用途への応用、あるいは既存の炭素材料に異種元素をドープしたヘテロ元素導入炭素の研究など、新規炭素材料の近年の発展は目覚ましく、医薬、化学品、エネルギー、バイオマス・環境関連産業など、Sustainable Development Goals(SDGs:持続可能な世界)を支える重要な材料として今後の飛躍的な利用拡大が予想されますが、適用産業分野が幅広いこともあり、現状での炭素触媒科学を俯瞰して把握、理解することが重要となってきています。
 そこで本セミナーでは、「触媒材料としての炭素材料」を特集し、カーボンアロイやナノカーボン系材料などの触媒効果に関する最新の知見や産業応用の現状、および貴金属担持炭素触媒の現在の研究および産業利用の状況について、関連分野の研究者および企業の方々に研究開発状況ならびに今後の展開などを講演していただきます。炭素材料触媒の現状やその用途に興味を持たれている方々の多数のご参加をお待ちしております。

日 時:
2021年1月29日(金)  10:00〜16:50
場 所:
オンライン開催
主 催:
炭素材料学会
定 員:
100名
協賛(予定):
日本化学会,電気化学会,応用物理学会,日本セラミックス協会,日本表面真空学会,日本吸着学会,大阪科学技術センター,触媒学会,活性炭技術研究会
参加費:
(消費税及びテキスト代を含む)
【個人料金(1名のみ接続可)】
正会員(協賛学協会含)・賛助会員 25,000 円
学生会員(協賛学協会含)5,000 円
非会員 35,000 円
学生非会員 10,000 円
【グループ料金(最大5名接続可)】
正会員(協賛学協会含)・賛助会員を含むグループ 40,000 円
学生会員(協賛学協会含)のみのグループ 7,500 円
非会員を含むグループ 55,000 円
学生非会員を含むグループ 15,000 円
プログラム:
  1. 10:00〜11:00
    炭素系固体ブレンステッド酸の触媒作用と応用展開 

    (東京工業大学)原 亨和
  2. 11:05〜12:05
    カーボンアロイ触媒の実用化に向けた取組み

    (日清紡ホールディングス(株))岸本 武亮
    1)日清紡グループの紹介
    2)水素社会に向けた日清紡の取組み
    3)カーボンアロイ触媒の構造解析(炭素構造を中心に)
    4)カーボンアロイ触媒の実用化に向けた取組み
    5)白金担持カーボンアロイ触媒を用いた低白金化への取組み
  3. 13:30〜14:30
    炭素触媒によるセルロースの変換

    (北海道大学)福岡 淳
    1)研究の背景
    2)触媒の調製と構造
    3)セルロース解重合反応
    4)応用と今後の課題
  4. 14:35〜15:35
    固体高分子形燃料電池の触媒担体への多孔質炭素の適用
    〜炭素の構造と発電特性の関係〜

    (日本製鉄(株))飯島 孝
    1)日本製鉄グループにおける炭素材料事業の概要
    2)担体機能・炭素物性と、電極触媒の発電性能の関係 〜理想的な炭素担体の構造とは〜
    3)これまでの研究例のご紹介:
    1.炭素担体の形状効果-1 〜繊維状炭素〜
    2.ミクロ孔とメソ孔炭素の対比 〜活性炭、ケッチェンフ゛ラック、MCND〜
    3.細孔構造と発電特性-1 細孔の有無の比較
    4.細孔構造と発電特性-2 細孔構造と発電特性の関係 〜MgO鋳型炭素を用いて〜
    4)まとめ
  5. 15:50〜16:50
    有機合成用高機能金属クラスター触媒の創製

    (豊田工業大学)本山 幸弘
    1)有機合成を取りまく環境:エネルギー,環境,資源問題,そして元素戦略やSDGs
    2)金属クラスターの触媒機能と担体としての炭素材料:市販の活性炭担持触媒の課題
    3)水素化反応用の担持型金属クラスター触媒:触媒担体としてのナノ炭素材料
    4)水素化反応用の可溶性金属クラスター触媒:活性種の炭素材料への回収と固体触媒としての再利用
    5)シラン還元用の可溶性金属クラスター触媒:溶液と担体間を可逆的に移動する金属クラスター
申込方法:
WEB上の手続きによる申し込みをお願いいたします。

[ お申込みはこちらから ]

郵便振替での支払を希望される方は、学会HPから2021年1月14日(木)までにお申し込みください。
登録完了後、郵便振替票付請求書をお送りさせていただきます。参加費は2021年1月24日(日)までにご納入ください(払込期日厳守)。
クレジットカードでの決済の場合、申込登録は、2021年1月24日(日)まで受付可能です。
※参加費の領収書は、会期後にお送りいたします。

参加申込に関するお問い合わせはこちら
炭素材料学会 1月セミナーヘルプデスク
E-mail: tanso-koshukai[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)
FAX: 03-5227-8632