セミナー

炭素材料学会1月セミナー

新元素戦略および次世代型蓄電デバイスのための炭素材料

 ハイブリッド自動車、電気自動車の普及のみならず、スマートグリッドからなる新しい日本のエネルギー・システムにとって、高性能な蓄電デバイスは必須で、今後ますます重要な役割を果たすと考えられる。そのためには、蓄電池としての特性、例えば,エネルギー密度、出力密度、さらには耐久性の向上が必須で、その中で炭素材料は、特性の多様性が注目され、蓄電池の特性をさらに向上させる可能性がある。そして,日本はこの蓄電池向け炭素材料で世界をリードする位置にいる。本セミナーでは、次世代蓄電池デバイスのうち、ポストリチウムイオン電池、多価イオン電池、空気電池、デュアルカーボンセル、有機ラジカル電池について紹介していただき、それらの可能性、あるいはこれらデバイスの中での炭素材料の役割についての講演を予定している。今回のセミナーでは、その開発最前線を紹介することで、次世代蓄電池実現までの距離感を得られれば幸いである。
 炭素材料を研究されている方や上記エネルギーデバイスの開発に取り組もうとされている方、取り組んでおられる方々のご参加をお待ちしております。

  • 日 時:
  • 2013年 1月18日(金)10:00〜17:00
  • 場 所:
  • 連合会館(旧総評会館、千代田区神田駿河台3-2-11)
    http://rengokaikan.jp
  • 主 催:
  • 炭素材料学会
  • 協 賛:
  • 日本化学会,電気化学会,日本表面科学会,応用物理学会,日本セラミックス協会
  • 定 員:
  • 90名
  • 参加費:
  • (消費税およびテキスト代を含む):正会員(協賛学協会含)・賛助会員25,000円,学生会員5,000円,非会員35,000円,学生非会員10,000円
  • プログラム:
    • 1. 10:05〜11:05
    • 金属空気電池用空気極材料の研究開発
         (NTT 環境エネルギー研究所) 林 政彦
      1. 通信とエネルギー
      2. 金属空気電池の概要
      3. 亜鉛空気電池用空気極材料の研究開発
      4. リチウム空気電池用空気極材料の研究開発
      5. 最新の研究動向
    • 2. 11:15〜12:15
    • 多価イオン電池と炭素材料の役割
         (京都大学大学院) 安部武志
      1. Zn系二次電池と炭素材料の役割
      2.多価金属二次電池と炭素材料の役割
      3.金属空気二次電池と炭素材料の役割
      4.まとめ
    • 3. 13:20〜14:20
    • 開殻グラフェンフラグメント
      -空気中でも安定な有機中性ラジカルの設計・合成と蓄電デバイスへの展開-
         (大阪大学大学院) 森田 靖
      1. 開殻グラフェンフラグメント
      2. 安定有機中性ラジカル
      3. 電子スピン非局在型
      4. リチウムイオン電池
      5. 多中心結合
    • 4. 14:30〜15:30
    • ポストリチウムイオン電池としてのナトリウムイオン電池の可能性
         (九州大学大学院 先導物質化学研究所) 岡田重人
         (住友化学筑波開発研究所) 中根堅次
      1. 現行リチウムイオン電池の課題
      2. ポストリチウムイオン電池としての非水溶媒系ナトリウムイオン電池
      3. ポストリチウムイオン電池としての水系リチウムイオン電池
      4. ポストリチウムイオン電池としての水系ナトリウムイオン電池
    • 5. 15:40〜16:40
    • 炭素材料の蓄電デバイスへの応用例 
         (旭化成(株)) 津端敏男
      1. リチウムイオン二次電池と炭素材料
      2. 電気二重層キャパシタと炭素材料
      3. デュアルカーボンセルと炭素材料
      4. リチウムイオンキャパシタと炭素材料
      5. 炭素材料への今後の期待
  • 申込方法:
  • [事前申込の受付は終了しました]
    郵便振替での支払いを希望される方は,1月6日(日)までにお申込ください。クレジットカードでの決済の場合,申込登録は,1月15日(火)まで受付可能です。
    登録完了後,郵便振替票付請求書をお送りさせていただきます。参加費は1月11日(金)までにご納入ください(払込期日厳守)。当日の申込も会場にて受付けております。

  • 参加申込に関するお問い合わせはこちら
  •  
  • 炭素材料学会1月セミナーヘルプデスク
    E-mail:tanso-desk@bunken.co.jp  FAX:03-3368-2827

  • 場 所:
  • 連合会館(旧総評会館、千代田区神田駿河台3-2-11)
    http://rengokaikan.jp/access/img/img_map.gif