セミナー

炭素材料学会基礎講習会

「炭素材料の物性と分析方法 ―入門から応用まで―」

 炭素材料にかかわる科学と技術は,炭素材料の発見や開発過程を経て,さまざまな科学的および技術的展開を遂げてきました。活性炭,カーボンブラック,炭素繊維などの馴染み深い材料から主に研究用途のナノカーボン類に至る多彩な材料が多岐にわたる分野で用いられています。近年炭素材料は燃料電池やリチウムイオンバッテリー,キャパシタなど人類の将来に関わるエネルギー・環境問題に対応することができるキーマテリアルとして多大な注目を集めてきました。
 本セミナーでは,炭素材料を正しく理解して応用開発をめざすための分析と調製・調整の基礎知識から応用まで学べる2日のコースを企画いたしました。炭素材料に興味をもたれる方々,かかわっている方々の知識修得・確認する場として是非ご利用ください。 なお,どちらか1日を選び参加することもできます。
 事前質問は,10月4日(水)まで受け付けます。質問内容によっては回答できない場合もありますので,ご了解ください。なお,質問内容に関する秘密保持はできかねますのでご注意ください。
 皆様のご参加をお待ちしております。
  • 日 時:
  • 2017年10月12日(木)9:30〜16:40
    2017年10月13日(金)9:30〜16:40
  • 場 所:
  • 日本教育会館 7階 707会議室(〒101-0003東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2)
    TEL:03-3230-2831,URL:http://www.jec.or.jp/
  • 主 催:
  • 炭素材料学会
  • 協 賛(予定):
  • 日本化学会,電気化学会,応用物理学会,日本セラミックス協会,日本表面科学会,日本吸着学会,大阪科学技術センター
  • 定 員:
  • 100名
  • 参加費:
  • <2日コース>
    正会員(協賛学協会含)・賛助会員 50,000 円,学生会員(協賛学協会含)10,000 円,非会員 75,000 円, 学生非会員 20,000 円(消費税及びテキスト代を含む)
    <1日コース>
    正会員(協賛学協会含)・賛助会員 30,000 円,学生会員(協賛学協会含)5,000 円,非会員 50,000 円, 学生非会員 10,000 円(消費税及びテキスト代を含む)
  • 申込方法:
  • 郵便振替での支払を希望される方は,学会HPから9月26日(火)までにお申し込みください。クレジットカードでの決済の場合,申込登録は,10月9日(月)まで受付可能です。
    申込開始は、7月下旬の予定です。
    登録完了後,郵便振替票付請求書をお送りさせていただきます。参加費は10月4日(水)までにご納入ください(払込期日厳守)。当日の申込も会場にて受け付けております。
  • プログラム:
  • <10月12日(木)>
    • 9:30〜10:50
    • ガス吸着測定による炭素細孔の構造評価
      (千葉大学) 大場友則
      1) 吸着測定について
      2) 吸着等温線の理解
      3) BET解析
      4) 細孔構造解析
      5) 事前質問への回答
    • 10:50〜11:00
    • 質問タイム
    • 11:00〜11:05
    • 休憩
    • 11:05〜12:25
    • TEMによる炭素材料の観察と局所分析
      (産業技術総合研究所) 吉澤徳子
      1) TEMの原理
      2) 炭素材料の観察法・EDS/EELS分析法
      3) ナノカーボン類の観察及び分析
      4) 試料作製方法
      5) 事前質問への回答
    • 12:25〜12:35
    • 質問タイム
    • 12:35〜13:35
    • 昼食
    • 13:35〜14:55
    • 炭素材料のラマン分光
      (信州大学) 藤森利彦
      1) ラマン分光の基礎
      2) 特殊なラマン分光測定
      3) ナノカーボンのモルフォロジーとラマンスペクトル
      4) 光吸収とラマン分光 −共鳴ラマン効果−
      5) ラマン分光による炭素材料の欠陥評価と注意点 面構造の評価法
      6) 事前質問への回答
    • 14:55〜15:05
    • 質問タイム
    • 15:05〜15:10
    • 休憩
    • 15:10〜16:30
    • X線回折法による炭素の構造解析
      (大阪ガス株式会社) 藤本宏之
      1) 炭素の基本構造と構造パラメータ
      2) 学振法
      3) Diamond法
      4) Hirsch法
      5) 黒鉛化度
      6) 事前質問への回答
    • 16:30〜16:40
    • 質問タイム
    • 16:40
    • 終了
  • <10月13日(金)>
    • 9:30〜10:50
    • 炭素繊維用前駆体ピッチの調製と分析
      (九州大学) 尹 聖昊
      1) 原料の選定
      2) 紡糸用等方性ピッチの調製
      3) 原料と前駆体ピッチの分析
      4) 炭素繊維の物性とピッチ組成の関連性
      5) 事前質問への回答
    • 10:50〜11:00
    • 質問タイム
    • 11:00〜11:05
    • 休憩
    • 11:05〜12:25
    • X線光電子分光分析(XPS)と赤外分光分析(IR)による炭素材料の構造解析
      (千葉大学) 山田泰弘
      1) 含酸素・窒素官能基(XPS+IR)
      2) 点欠陥,5,7員環,sp2 C-H,sp3 C-H(XPS+IR)
      3) ジグザグエッジ,アームチェアエッジ(IR)
      4) 事前質問への回答
    • 12:25〜12:35
    • 質問タイム
    • 12:35〜13:35
    • 昼食
    • 13:35〜14:55
    • 炭素材料の製造と物性
      (産業技術総合研究所) 岩下哲雄
      1) 炭素化時の様相(固相,液相,気相)
      2) 黒鉛化の現象(ハードカーボン,ソフトカーボン)
      3) 黒鉛化による 物性の変化(電気,熱,機械的性質)
      4) 事前質問への回答
    • 14:55〜15:05
    • 質問タイム
    • 15:05〜15:10
    • 休憩
    • 15:10〜16:30
    • コークス
      (新日鐵住金株式会社) 齋藤公児
      1) コークス製造プロセスとその役割
      2) コークスのための石炭品質評価法(NMR法の活用も含む)
      3) コークスの品質評価法と各種分析手法(X線CTや顕微鏡法等)の関わり
      4) 新しいコークスプロセスについて
      5) 事前質問への回答
    • 16:30〜16:40
    • 質問タイム
    • 16:40
    • 終了
  • 参加申込に関するお問い合わせはこちら
    炭素材料学会 基礎講習会ヘルプデスク
    E-mail: tanso-desk@bunken.co.jp
    FAX: 03-3368-2827
    日本教育会館へのアクセス
    http://www.jec.or.jp/koutuu/index.html