セミナー

炭素材料学会10月セミナー

「1日で学ぶ炭素材料 −入門編−」

炭素材料、それは発見・開発の歴史のなかでさまざまな展開を遂げてきました。活性炭、カーボンブラック、カーボンファイバーなどの馴染み深い材料から主に研究用途のナノカーボン類に至る多彩な材料が多岐にわたる分野で用いられています。昨今炭素材料は燃料電池やリチウムイオンバッテリー、キャパシタなど人類の将来に関わるエネルギー・環境問題に対応することができるキーマテリアルとして多大な注目を集めてきました。本セミナーでは、炭素材料を正しく理解して応用開発をめざすための基礎知識を1日で学べる基礎講座−入門編−を企画いたしました。炭素材料に興味をもたれる方々、かかわっている方々の基礎知識を修得・確認する場として是非ご利用ください。ご参加をお待ちしております。

  • 日 時:
  • 2010年10月15日(金) 10:00〜17:00
  • 場 所:
  • 総評会館 201会議室
    〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
    03-3253-1771(代)
    http://www.sohyokaikan.or.jp/home.html
  • 主 催:
  • 炭素材料学会
  • 協賛(予定):
  • 日本化学会、電気化学会、日本表面科学会
  • 定 員:
  • 90名
  • 参加費:
  • (消費税及びテキスト代を含む)
    炭素材料学会 正会員(協賛学協会会員含む)・賛助会員:25,000円
    学生会員 5,000円
    非会員 35,000円
    学生非会員 10,000円
  • プログラム:
    • 1. -10:45
    • 炭素材料の多様性 −その生成と構造,組織−
       (北海道大学名誉教授) 稲垣 道夫
    • 2. 10:50-11:35
    • 炭素の構造を調べよう −X線回折測定と解析のポイント−
       (産業技術総合研究所) 岩下 哲雄
    • 3. 11:40-12:25
    • 炭素の構造を調べよう −ラマン分光測定と解析のポイント−
       (東京都市大学)吉田 明
    • 4. 13:30-14:15
    • 炭素の形態を調べよう −TEMによる観察と分析のポイント−
       (産業技術総合研究所)吉澤 徳子
    • 5. 14:20-15:05
    • 炭素の細孔を調べよう −吸着測定と解析のポイント−
       (千葉大学)加納 博文
    • 6. 15:15-16:00
    • 電気化学エネルギーデバイス用炭素材料 −キャパシタとリチウムイオン電池−
       (群馬大学) 白石 壮志
    • 7. 16:05-16:50
    • ナノカーボン 〜スマートグリッドへの貢献〜
       (信州大学)遠藤 守信
  • 申し込方法:
  • 郵便振替での支払を希望される方は、学会HPから9月27日(月)までにお申し込みください。クレジットカードでの決済の場合,申込登録は,10月6日(水)まで受付可能です。
    お申込みは終了しました。
    登録完了後,郵便振替票付請求書をお送りさせていただきます。参加費は10月6日(水)までにご納入ください(払込期日厳守)。当日の申込も会場にて受け付けております。

    ■参加申込に関するお問い合わせはこちら
    炭素材料学会10月セミナーヘルプデスク
    E-mail:tanso-desk@bunken.co.jp FAX:03-3368-2869
    総評会館へのアクセス http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html